メガ耐2012エントリーリスト

リンク

« すみません…忘れてました… | メイン | 大会日程とルール内容を変更しました。 »

2012年7月30日 (月)

激暑!!だった!2週連続メガ耐北九州大会!!

ちょっと前までは!?雨rainrainでしたがsign01

ココ最近は!?晴れsun晴れsun

メガ耐九州シリーズもとうとう第5戦目シリーズ折り返し地点punch

その舞台 北九州カートウェイで2週連続での開催となりましたぁflair

両日ともに晴天過ぎる晴天でしたぁ 今回も全車完走 大きな事故もなく無事終える事が出来ましたぁ

詳しいレポート&写真はこちらHPにて

Img_1342


Img_1343


Img_1344


Img_1362


Img_1365


コメント

シリーズ予定に無い第2部のレースに疑問を感じます。リザルトのいい方のポイントという事はたくさん出れるチームが有利になりませんか?

またルールブックに載っている体重ハンデやペナルティーは実在するのでしょうか?

プッシングは日常茶飯事に起きていますが・・・

匿名さん>
ご指摘ありがとうございます。
不愉快な思いをさせて申し訳ございません。

お答えさせて頂きます

1シリーズ予定に無い第2部のレースに疑問を感じます。リザルトのいい方のポイン トという事はたくさん出れるチームが有利になりませんか?
の件ですが
メガ耐シリーズも2年目という事もあり、お陰様で参加者も増えております。よりたくさん方にカートを楽しんでもらいたく開催しております。しかしながら 使用出来るカートの台数 各コースごとに違ってくる出走台数(安全面•施設の規模等)もあり 状況で2部制という形で行っております。たくさん出れるチームが有利になりませんか?という所ですが 2部に関しましては新規チーム優先です。しかし各戦ごとにエントリー台数の増減もある為、開催日13日前よりと言う条件付きでWエントリーできるようにしております。


2.またルールブックに載っている体重ハンデやペナルティーは実在するのでしょうか?
の件ですが
申し訳ございません 体重ハンデの部分は、昨年の内容が記載されたままでした申し訳ございません。早速削除いたします。
ペナルティーに関しましては、実在はします。

3.プッシングは日常茶飯事に起きていますが・・・
の件ですが
運営側として いちばんあって欲しくない行為ですね 匿名さんがそのように感じられたという事は、私たちも今一度、気を引き締めて運営して行きます。

納得のいく返答ではございませんが何卒ご理解頂ければと思います。

>>匿名さん

匿名さんのおっしゃってる事、同じ参加者としてよくわかります。

ただ、参加者として思う事を書かせてもらいます。

>シリーズ予定に無い第2部のレースに疑問を感じます。リザルトのいい方のポイントという事はたくさん出れるチームが有利になりませんか?

当然そういうことになりますよね。
ですが、Wエントリーする方々は、それだけコストをかけているということでもあります。古今東西、モータースポーツという世界はそういうものです。F1やWRCなどのトップカテゴリーは言うに及ばず、たとえばカートでも二輪の地方選手権でも、練習もフレッシュタイヤ、レースもフレッシュタイヤ、という風にコストをかければ「いい結果」が出る確率は高くなります。
タイヤだけではなく、エンジンやその他のものも走行毎にオーバーホールなり、新品に交換するなりすれば、さらにいいわけです。
誤解を恐れずに言うなら、モータースポーツってのは「金が力」の世界です。
メガ耐でいうと、参加者はマシンの部分でコストをかけることができないので、エントリーフィーという形でコストをかけている。
その結果として「有利」ということになると思います。

それと、ソニックパークのように1000mを超えるロングコースなら一度に25~30台走らせる事も可能だと思いますが、600~700mのコースでそれだけの台数を走らせたら、どこでも大渋滞でレースとして成立しないだろうし、ドライバーの安全面も疑問符がつくと思います。なので、コースごとに台数の違いがあるのではないでしょうか。
だからといって、予定通りの開催数ではメガ耐の趣旨である「誰でも気軽にレースを楽しむ」という部分から締め出される方も出てきてしまうので、エントリー数により二部制が始まったんだと思います。
第一部に出た人のWエントリーを禁止してしまうと、二部の出走台数5台なんていう事態もありえるわけですよね。
たった5台で3時間、グルグル走るのが面白いかどうか、それは人それぞれなんでしょうけど、僕は面白いとは思いません。


>またルールブックに載っている体重ハンデやペナルティーは実在するのでしょうか?

体重ハンデは以前はあったんですが、今回公式に削除されてますよね。
でも、実際は速い人達はそのハンデを3時間の間に「走り」で取り返してしまうんであまり意味がないのと、「体重が軽い初心者」にとっては意味不明の罰ゲームになってしまうという面があると思います。
僕個人的には、速いチームだけガッチリとウェイトハンデを課して欲しいと思いますが、速い遅いの線引きをどこでするのかも問題ですよねー。

>プッシングは日常茶飯事に起きていますが・・・
プッシングは大きく三種類あると思います。
一つ目は、ドライビング技量の差から起こる、やむをえない接触。
速いドライバーが前を走るバックマーカーなどに近づいた時に起こりやすいもので、予想外のポイントでのブレーキングで突っついてしまったり、コーナリング中の過度なスライドによる失速を突っついてしまったり。
これはどっちが悪いとかではなく、仕方のない接触だと思います。
この場合は、後ろのクルマは当てたくて当ててるワケではなく、むしろ当たることで不必要な減速をするので損をする。すなわち、誰も得をしないということです。
二つ目は、お互いの技量を理解した上で、じゃれて遊んでコツコツやっているケース。これは、普通なら問題ないのかもしれませんけど、メガ耐などでは「借り物のクルマ」なので、貸す側としてはやめて欲しいでしょう。
三つ目は、故意に当てる、当てることでブレーキを使わないで減速したり、ターンインのキッカケにする。
これは悪質で危険な行為ですので、注意・警告・ペナルティの対象になるケースです。
メガ耐でもこういうことをしているドライバーが何人か見られますが、ピットインの際などに指摘・注意されています。

1と3のケースのプッシングに関しては「速く走る」ということで、ほとんど回避できると僕は考えています。

もっとザックリ言うと、全ての事が「速く走る」ということでほぼ解決できると思いますし、僕もそうなるように努力しているつもりです。

僕は、カート乗ってアクセル蹴っ飛ばして、右に左にステア切ってる時って、普段の生活の中での悩みとか思いとか忘れて、すごくワクワクします。
そのワクワクだったりドキドキを思いっきりエンジョイして、その結果としてワッペンもらえたらいいなーと思っています。
匿名さんとも、またメガ耐の場で一緒にカートをエンジョイできることを願っています。

少し遅くなりましたが、自分もRPRさんと同じような意見です。
 
確かにWエントリーとなるとお金の負担も大きくなりますし、ペナルティやハンデの部分も全員が納得できるルールは、なかなか難しい問題だと思います。
 
あと、プッシングに関しては自分もぶつけてしまうこともあるため反省すべきところもあります。走っているときは絶対ぶつけないようにと心掛けているのですが・・・。
ただ、ぶつかってしまった場合、その場で手を挙げるとか、後で謝りに行くなどしてお互い嫌な思いのまま終わらないようにしているつもりです。
 
メガ耐もまだ2年目ですし、改善できるところはみんなで意見を出しあって、よりエンジョイできるイベントになるとイイなぁ~と思いますconfident

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

2010GW 県外脱出計画

  • P1020329
    2010/05/03 オーシャンカートランド